胃内視鏡(胃カメラ)とは?

胃カメラ検査は食道、胃、十二指腸を直接カメラで観察するため、胃癌・食道癌の早期発見や逆流性食道炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、ヘリコバクターピロリ菌感染の診断が可能となる検査です。

検査の過程で異常な病変が見つかった際に組織検査のため病変の一部を摘み取ってくることがあります(生検といいます)。

「鼻から」「口から」どちらにも対応しております。

通常検査は10分ほどで終了します。

「鼻から」「口から」の違い

メリット デメリット
経鼻内視鏡
  • 鎮静剤を使わなくてもオエッとなりにくい
  • 検査中にも会話ができる
  • 苦痛が少ないため、脈拍や血圧などの変動が少ない
  • 鼻腔が細い場合入らなかったり、出血したりすることがある
経口内視鏡
  • 病変が見つかった場合に細かく精密な観察が出来る
  • オエッとなる反射が起こりやすい

経口内視鏡検査は鎮静法も行っており、ウトウトしている間に検査を終了することが可能です。

大腸内視鏡(大腸カメラ)とは?

大腸内視鏡は、便潜血検査で異常を指摘された方、腹部症状のある方が主な対象となる検査です。

全大腸を観察するために肛門から内視鏡を挿入し、大腸に発生したポリープやがん、炎症などを診断するために行います。

検査の過程で異常な病変が見つかった際に組織検査(顕微鏡で細胞を確認する)のため病変の一部を摘み取って調べたり(生検)、ポリープを内視鏡的にポリープ切除(ポリペクトミー)することもできます。

検査にあたっては、検査前日・当日に下剤を服用して頂き、腸管をきれいにしてから、肛門より内視鏡を挿入して大腸全体の観察を行います。

鎮静剤を使用しますので、ウトウトしている間に検査を終了することができます。

また当日は車やバイクなどの運転はお控え下さい。

腸管が非常に長い方や手術の既往などで腸管に高度の癒着がある方は、痛みが強かったり内視鏡の挿入が困難な場合もあります。

検査は、通常15分程度で終わりますが、ポリープ切除には多少時間がかかることもあります。