当院には膠原病、リウマチ性疾患に罹病した患者様や高齢の方が多く通院、入院されています。

このような患者様が新型コロナウイルスに感染すると重症化する可能性が高いと指摘されています。

皆様におかれましては、入り口に設置した消毒液での手指消毒・マスク着用にご協力ください。

公衆衛生学的観点(感染を拡大させないという考え方)に基づきまして、来院される皆様にもある程度公衆衛生エチケットを遵守いただきたく存じます。

国の非常事態に伴う当院独自の対応になりますが、同じような対応をしている医療施設も散見いたしますので、何卒ご理解いただければと存じます。

  1. 下記の項目にある症状を、来院時の受付・問診時に確認させていただき、受診の1週間前から受診当日に認める場合は受診をご遠慮いただく場合がございます。
    • 呼吸器症状(咳、痰、呼吸困難、鼻汁、鼻閉、咽頭痛、胸痛)
    • 消化器症状(下痢、嘔気、腹痛)
    • 発熱(37.5度以上、4日以上持続)
    • 全身倦怠感(強いだるさ)
    • 味覚異常、嗅覚異常
    • 頭痛、ボーっとする(意識変容あるいは軽度の意識障害の可能性あり)、めまい
    • その他、気になる体調不良
    • 市販の解熱鎮痛薬を内服しても熱や倦怠感がおさまらない
  2. 新型コロナウイルス感染症に罹病している患者様(既往も含む)、また濃厚接触者の方には受診をご遠慮いただく場合がございます。
  3. 新型コロナウイルス感染症に罹病し、回復された患者様に関しましても回復後の日数などを詳細に問診し、受診をご遠慮いただく場合がございます。
  4. 小児科の受付の際は、当院の医療従事者より詳細な問診や質問がある場合がございます。
  5. 普段の定期的なご通院の際も、医療従事者によって新型コロナウイルス等の感染症が疑われた場合は、当院の発熱対応の特設スペースもしくは自家用車でご来院の場合は駐車スペースで車内で診療をさせていただく場合がございます。